病気発見のために欠かせない!検便検査について知ろう

集団感染を引き起こさないために検便検査を受けることが大事!

検査は定期的に受ける

隠された病気を見つけるためにも、検査は重要なものとなっています。定期的に検査を実施することで、今の健康状態や病気の有無について分かります。よくある検査の違いを把握して、きちんと受けていきましょう。

よくある検査の違いを知っておこう

検便検査

排泄した大便を検査することを「検便検査」と言います。寄生虫や細菌感染の有無について分かるので、主に食品を扱う職業や学校などで実施されているでしょう。

尿検査

一方で排泄した尿を検査するのが「尿検査」となっています。健康診断の代表的な検査項目となっており、尿検査を実施することで色々な病気の有無を知ることが出来ますよ。

病気発見のために欠かせない!検便検査について知ろう

医者

検査を実施する必要性

病気は場合によっては、集団感染となって人々に猛威をふるうことがあります。集団感染として恐ろしい病気に食中毒があります。この食中毒を防ぐためにも、検便検査を実施する必要があるでしょう。

相談

検便検査で分かる病気

検便検査を実施することでノロウイルスなどのウイルスを持っているかどうかについて分かります。また、中には検便検査で大腸がんなどの大きな病気を発見することもあるので、受けていた方が良いでしょう。

ドクター

まとめて検査ができて便利

個人で受ける場合は病院やクリニックに行くことが出来ますが、企業や学校など大人数で検便検査をしたい場合は、一人ひとり病院で検査するのは難しいです。そこで、利用したいのが業者向けの検便検査でしょう。大人数での検便検査を取り扱っているため、大量発注で費用を抑えることが出来て便利となっています。

検便検査をしている人の声をチェック

病院

毎回、きちんとやっています(40代 女性)

スーパーの総菜スタッフとして働いています。食材を扱うので定期的に検便をしていますが、今のところ検査に引っかかったことはないですね。会社から検便検査のキットなどを渡されるので、自分で病院に行く必要もなく助かっています。

広告募集中