病気のサインを知る!髄膜腫などの初期症状を徹底解説

病気の初期症状を知ること~髄膜腫は頭痛や言語障害に注意~

自分の健康状態を知る

体内の不調を訴えるために身体は色々なサインを送ります。身体的な症状でサインを発することが多く、それをきちんとキャッチすることで病気の早期発見に繋がるでしょう。また、定期的に健康状態を調べることも大事です。健康かどうか知るためにも健診や人間ドックを受けると良いですよ。

【健康診断と人間ドック】違いを把握する

健康診断

会社や学校などで受けるのが健康診断となります。主に全身の健康状態を確認するもので身体計測や血液検査、血圧、尿検査、問診などを実施するでしょう。もし、健康診断で異常が発覚したら病院で精密検査を受ける流れになります。

人間ドック

病院やクリニックに行って個人で検査をするのが人間ドックです。上記の健康診断よりも精密に行なうため、入院が必要となることもあります。検査項目も100近くあるので、身体の状態を十分に知ることが出来ますよ。

病気のサインを知る!髄膜腫などの初期症状を徹底解説

救急車の模型

最も多い脳腫瘍「髄膜腫」

脳腫瘍の中でも特に多いのが髄膜腫となっています。脳を覆っているくも膜の細胞から発症することが多く、ほとんどが良性腫瘍となっているでしょう。最初は小さな腫瘍で問題が無くても大きくなるにつれて、色々な症状が発生します。中には悪性腫瘍の髄膜腫もあるので、初期症状をチェックしておくことです。

医療

こんな症状に気を付けよう

髄膜腫でよくみられる初期症状に慢性的な頭痛や言語障害が挙げられます。頭痛は誰しもが起こる症状なので見逃しやすいですが、慢性化していると注意が必要です。頭痛と合わせて相手が話していることを理解するのが難しい言語障害に陥ったら、髄膜腫を疑ってみましょう。髄膜腫は進行状況によって症状が悪化していくので、早めに検査をして適切な治療を受けることです。

ハート

糖尿病の合併症「腎症」

糖尿病を発症しているとかかることが多い病気に、腎症があります。腎症を発症してしまうと、尿が作れずに身体に老廃物が溜まってしまうでしょう。老廃物を上手く排出することが出来ないと身体に悪影響を及ぼしてしまうので、人工透析などの治療をする必要があります。もし、腎症が末期状態になると色々と大変なので、早期発見と早期発見が大事となっています。

医者

注意して初期症状を見る

腎症は糖尿病であること以外に自覚症状は無いと言われており、検査をしても発見が難しいとされています。しかし、それでも必ず症状は発生するので、そのサインを見逃さないようにしましょう。初期のころは血圧が高くなること以外に目立った症状はありませんが、進行していくと徐々にむくみなどの身体的な症状が現れます。その後は、全身の倦怠感や皮膚の痒みがあるでしょう。

広告募集中